今日は午前中に明日からのパートタイマーの準備をして昼めしを食べた後に書き物の仕事をしていました。
近年務めの売買も引き受けているし、パートタイマーもどうにか忙しく繋がるから受験教育素材なるときつくなるかなと思います。
も、今回の地方自治体書士チャレンジはある意味売買として受験するということもあってそれだけに今回の受験は力が入っていらっしゃる。(落ちた時間が恥ずかしいのですが。)
これで及第したら書き物の売買の幅員も強まるし、軍資金貯めて事業拡大して呼び物醸し出すということもできるようになりますからジャーナリストだけではなく地方自治体書士としても仕事ができるようになります。
無論及第して地方自治体書士としての登録することが必須だ。
勿論書き物の売買を始める前に機関に提出した記録も変更しなければいけなくなって来るし、先呼び物を出さなければいけないから呼び物の段取りも必要です。
それで地方自治体書士として独り立ちするには常に独り立ち始めるだけの軍資金をためておく必要があります。
独り立ち引き返しも地方自治体書士会に会費を納めることもしなければいけないし今のうちに対価をためておきたいです。
その前に受験勉強をする必要がありますけど、受験終わったら本格的に売買を腹一杯こなして稼ぐことを考えています。http://oppaipub-navi.com/